【2024最新版】ドバイ移住のメリット・デメリット+移住の手順について在住エージェント会社がまとめました

+ 執筆・監修記事

・ドバイ法人Logical XのCOO
・法人設立/海外移住サポートを提供中
・東京大学在学中にインフルエンサービジネス会社を創業。2022年に同社を売却、その後ドバイに移住しLogicalX FZCOに参画

東大在学時に18歳でインフルエンサービジネス会社を創業。その後2022年に同社をは東証プライム上場企業に売却。

その後ドバイに移住し、2社目のLogical Xを共同創業し、COOとして事業運営に当たる。

Logical X Consultancy FZ-LLC
Logical X Consultancy FZ-LLC Logical X Consultancy FZ-LLCの法人公式HPです。

1社目に引き続き、YouTubeマーケティングに特に強みを持ち、YouTubeメディアを起点として

・ドバイ移住/法人設立/不動産売買仲介事業
・英語圏向けSEO/YouTube 不動産メディア事業
・YouTube受託事業

などを展開。

代表税理士 at JMA | ウェブサイト | + 執筆・監修記事

・代表社員 黒田 昌史(1963年生)
・1986年大阪外国語大学アラビア語学科卒業
・1998年サウジアラビア赴任
・2002年税理士へと転職
・2008年日本マネジメント税理士法人を設立

『ドバイ移住をすることで、受け取れる所得が大幅に上がりました!』

『面倒だった確定申告も必要なくなりました!』

このように、実際にドバイ移住を果たし、様々なメリットを享受した方の話を聞いたことはありませんか?

近年、海外移住を検討されている方が大幅に増えています。

先行き不安な日本の経済状況などを考えても、日本以外に生活拠点を持つことは非常に重要です。

no-img2
近年、海外移住を検討する方が増えているのは、日本の将来に不安を感じる方が多いためだと思います。
ドバイには、安定した経済環境が整っているため、生活拠点として選ばれる方が多いです。

今回は、ドバイ移住に関する条件やメリットについて徹底解説していきます。

記事のまとめ
  • ドバイでは法人税も所得税もかからない
  • 治安は良く、街並みも綺麗で過ごしやすい
  • 家族連れの移住も多い
  • 夏は暑いが、室内施設も充実してる
  • 英語が公用語
  • 外食は高いが、自炊をすれば生活コストは変わらない
  • 不動産や人件費は日本よりも安い
  • 初めての海外移住を検討している人やリモートで仕事が出来る人には非常におすすめ
  • トラベルルールやインボイス制度、導入前の早めの移住がおすすめ
  • 移住の決定は早ければ早いほど良い
  • オンライン面談が期間限定で無料開催中、下記ボタンより申請しよう

海外移住相談はこちら

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

YOUTUBEでも解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

目次

ドバイ移住にはどんなメリットがあるの?

ドバイ移住のメリット

ドバイ移住の最大のメリットと言えば、税金の安さでしょう。

しかし、ドバイは税金以外にも様々なメリットがあります。

具体的に、他の移住先と比べた際の「ドバイ移住のメリット」は以下の6点になります。

  • ドバイ移住のメリット1:所得税が存在しない
  • ドバイ移住のメリット2:治安がよい
  • ドバイ移住のメリット3:VISAの取得条件が容易
  • ドバイ移住のメリット4:海外拠点として優秀
  • ドバイ移住のメリット5:高水準の医療
  • ドバイ移住のメリット6:教育の選択肢が多い

ドバイ移住のメリット1:所得税が存在しない

ドバイの位置する、アラブ首長国連邦では、所得税がありません。

それどころか、相続税、固定資産税、贈与税や自動車税なども存在しません。

no-img2
これがドバイの大きな魅力の一つですね。税負担が軽いことで、ビジネスがしやすい環境が整っています。

唯一あるのは、VATと言われる5%の消費税のようなものです。

2023年6月から条件に応じて、法人税が課せられることが決まりました。

FTAの発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますによると、2023年6月1日以降の会計年度で、

ドバイ国内向けのビジネスを行っている、

メインランド法人の課税所得に対して税率9%を適用する。

課税対象となるのは年間所得が37万5,000ディルハム

(約1,549万円、2024年4月現在1ディルハム=約41円)を超えるUAE国内でビジネスを展開している企業で、

同金額以下の小規模事業者は対象外となります。

no-img2
日本や海外向けにビジネスを展開しているドバイのフリーゾーン法人も条件付きで対象外ですので、特に国際ビジネスにおいてはメリットが大きいですね。

(日本や海外向けにビジネスを展開しているドバイのフリーゾーン法人は対象外です。)

no-img2
法人税導入に関してはまだ確定的な情報が出ていませんので、今後の動向に注意が必要です。それでも、ドバイは税負担が比較的低いビジネス環境であることに変わりありません。

メインランド・フリーゾーンの違いについて


【ドバイ移住で税金ゼロ】海外移住で所得税から解放されませんか?については、こちらでも詳しく解説しています。

ドバイ移住のメリット2:治安が良い

アラブ首長国連邦は、厳格な法律と政府に守られており、非常に治安がいいです。

グローバルデータベースNumbeoは、2020年の年半ばの国別安全性ランキングを発表しました。

UAEは、調査対象の133か国(日本や韓国、アメリカイギリスなどを抑え)の中でトップの座を獲得しました。

no-img2
このランキングはドバイ在住の私からしても納得ですね。

また、私も含めて長くドバイに住んでいる人で、スリにあったり、暴行を受けたなんて人は聞いたことがありません。

テロやデモなども非常にまれです。

他にも、深夜でも子供や女性が全く問題なく歩くことができます。

これは、治安の悪い国では不可能です。

だてに、世界で夜に安全に歩ける町ランキング1位になったわけではありませんね。

大臣が、アラブ首長国連邦は女性でも夜に問題なく歩ける街だとツイートしています。

no-img2
女性や子供も安心して暮らせる環境が整っています。

なぜここまで治安がいいかというと、アラブ首長国連邦は、厳格な法律と政府に守られているからです。

更に、町のいたるところには無数の監視カメラがあり、警備員も沢山います。

もし、外国人が犯罪行為をしてしまうと、VISAは消され国外に強制送還されてしまいます。

そのため、ドバイに住んでいる外国人はめったに犯罪をおかしません。

更に、銃や薬物の所持はもちろん、お酒の販売も制限されているため、町中に泥酔している人もいません。

no-img2
アルコールに関する規制も治安維持に一役買っているのでしょう。

以上の理由からドバイの治安が維持されています。

治安については別途下記の記事でもご紹介しております
ドバイの治安について

ドバイ移住のメリット3:VISAの取得条件が容易

ドバイは非常に簡単にVISAが取得できます。

他の国に比べても圧倒的に容易です。

no-img2
実際にドバイで移住エージェントをしている身としても、他国と比較すると手続きが本当に簡単ですね。

ドバイは法人設立VISAを取得する場合、法人設立及びVISA申請費とパスポート、証明写真さえあれば、すぐに申請できます。

会社設立自体は一週間足らずで出来てしまいます。

no-img2
このスピーディーさも、ドバイ移住の魅力の一つだと思います。

また、移住ステップの最後に待ち構える、エミレーツIDと言われる身分証を発行するところまででも、早くて一か月半ほどでできてしまいます。

世界的にもここまで簡単に移住できる国は珍しいです。

会社設立の費用についても簡単に解説すると、170万円から250万円ほどでドバイに会社を設立できます。

マルタだと、最低4000万円の投資が必要ですし、台湾も法人維持のためには、売上が1500万円以上年間で継続して立てられている必要があります。

no-img2
費用面でも、ドバイは他の国に比べて非常に手頃ですね。

ドバイでは法人を立てるだけで、ビザの発行や会社の維持が可能です。

法人設立・取得の条件が、全く厳しくないので、海外移住が初めての人にもおすすめです。

no-img2
私もクライアントから、ドバイ移住が初心者にも取り組みやすいという声をよく聞きます。これからも、多くの人にドバイの魅力を伝えていきたいですね。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住のメリット4:海外拠点として優秀

ドバイは、アジアとヨーロッパの間に位置しており、世界のハブ空港と言われています。

そのため、世界中どこに行くのも非常に便利です。

ヨーロッパであれば、ほとんどの場所に、片道7~8時間ほどで行けてしまいます。

航空券もドバイからであれば、3万円ほどで取れてしまいます。

ドバイには、6ヶ月間で1日さえ滞在していれば、居住者としてのVISAは更新されます。

ですので、そこさえ遵守できれば、ドバイに法人を建てて、

法人税、所得税0パーセントのメリットは享受しながらも、別の国で滞在することはできます。

ただしその場合、滞在する国の居住者区分などはしっかり確認する必要があります。

ドバイ移住のメリット5:高水準の医療

富裕層をターゲットに世界中から、医師が集まってきており、

高度な医療体制が整っています。

no-img2

ドバイの医療体制は日本人にも非常に頼りになるものがありますね。

また、日本人医師の勤める、日本語対応の病院などもあるため非常に安心できます。

WHOの調査によると、アラブ首長国連邦に存在する医師は、

人口千人当たり、1.9人だそうです。

ちなみに、日本の人口千人当たりの医師の数は、2.3人になります。

no-img2
この数字からもわかるように、ドバイでも十分な医療体制が整っています。

人口に対するの医師の数は、あくまでも、指標の一つにはなりますが

ドバイの医療への力の掛け方が感じられます。

ドバイ移住のメリット6:教育の選択肢が多い

医療と同じく、教育面でも、富裕層のために様々な学校が用意されています。

現地校だけではなく、日本人学校や、

306校ものインターナショナルスクールがドバイ内にあります。

ちなみに、日本にある、インターナショナルスクールの数は117校です。

no-img2
ドバイの人口が、333万人に対し、日本の人口1.2億人ということを踏まえると、
ドバイに存在するインターナショナルスクールの数は非常に多いと思われます。

ドバイは公用語が英語のため、早い段階で家族で移住をすることで

幼少期からの英語力向上を図れます。

英語力を学生時代までにしっかり身につけられると、

名門海外大学日本国内のトップ大学に帰国子女として入試が受けれるので

大きなアドバンテージとなり得ます。

こちらで、お子様の教育移住を目的とした方にご協力いただいたインタビューも公開しておりますので、ぜひ参考にしてください!

ドバイ移住にはどんなデメリットがあるの?

ドバイ移住のデメリット

ドバイ移住には、沢山のメリットが存在しましたが、もちろん、デメリットも存在します。

以下では、ドバイでの生活で発生するデメリットについて解説していきます。

移住後に、欠点で悩まないようにするために、しっかり把握しておきましょう。

ご紹介するドバイ移住のデメリットは以下の5点になります。

  • ドバイ移住のデメリット1:夏はとても暑い
  • ドバイ移住のデメリット2:砂が飛来する
  • ドバイ移住のデメリット3:日本語があまり通じない
  • ドバイ移住のデメリット4:物価が日本よりも高い
  • ドバイ移住のデメリット5:お酒が性

ドバイ移住のデメリット1:夏はとても暑い

ドバイには、夏と冬が存在します。冬は、11月〜3月で、

日本の秋のような気候で非常に過ごしやすいです。

夏は、4月~10月になります。

湿度も高く、最高気温は50度近くなることもあるため、過ごしづらいです。

しかし、ドバイは、夏を想定して作られている都市なので、

基本的に屋内で全ての活動が出来るようになっています。

ジムはもちろんプールなども、多くの物件についています。

また、バス停にもエアコンが付いていたり、直射日光に浴びずに移動できるなど、街の暑さ対策は万全です。

更には、ドバイに移住している人で、夏の間は気候の良いヨーロッパにプチ移住をする人も多くいます。

税金面ではドバイで恩恵を受けて、夏の間はヨーロッパでバケーションをとる。

ドバイ移住を果たすことで、世界中を飛び回りながら、上記のようなおいしいところ取りをして、暮らすことができてしまいます。

ドバイ移住のデメリット2:砂の飛来がある

ドバイはやはり、砂漠を開発してできた町ですので、中心地から車で20分ほどの場所には砂漠が広がっています。

そのため、風が強い日は、砂漠から砂が飛んできたりもします。

no-img2
砂が飛んでくることもあるので、そういった日は注意が必要ですね。

洗濯物を一日中干していると、洗濯物が砂だらけになってしまうこともあります。

また、砂の飛来が多い日にランニングをすると目がかゆくなってしまう時もあります。

no-img2
運動する際も、砂の飛来が多い日は屋内での活動が無難ですね。

喘息などを持っている人は、砂の飛来が多い日は外出しない方がいいでしょう。

Air Visual というアプリで砂の飛来についてチェックできるのでぜひみてください。

ただ、全ての活動が屋内で、できるように作られているので問題ありません。

そんな日は、ショッピングモールやジムに行ったりして、屋内で過ごしましょう。

ドバイ移住のデメリット3:日本語があまり通じない

ドバイは、一部、日本病院・日本食レストランなどを除いて、日本語が通じません。

そのため、最低限の英語力を身につける必要があります。

no-img2
ドバイ在住の日本人として、英語力は確かに大切ですが、必ずしも流暢である必要はありません。

しかし、グーグル翻訳などを駆使して生活することも不可能ではありません。

また、ドバイの居住者の8割は移民(フィリピン人、パキスタン人やインド人)のため、欧米ほど英語力の差を感じる機会が少ないです。

no-img2
私の経験上、ドバイの移民コミュニティは非常に寛容で、お互いが助け合いながらコミュニケーションを図ります。

実際のコミュニケーションでは、お互いが歩み寄りながら、英語を使う場合がほとんどでした。

英語初学者でも、生活しやすいためドバイ留学も近年人気です。

※現地就職を希望する場合は、英語力が労働環境や待遇に直結するので、日常会話可能なレベルまでは最低でも習得しておきたいです。

自身で事業・投資行っていたり、フリーランスとして活動されている場合は、英語力が不足していても問題ありません。

あくまでも現地就職をする際にのみ、必須となってきます。

no-img2
ただし、ビジネスや税務の面でも、ある程度の英語力があると大変便利です。それを踏まえて準備することをお勧めします。

ドバイ移住のデメリット4:物価が日本よりも高い

ドバイの物価は、日本の約1.3~1.5倍です。

しかし、これもエリア毎に大きく変わってきます。

バージュ・カリファの近く(中心エリア)ですと、コーラ1本300円ほどになります。

しかし、少し中心から外れると、コーラ1本、90円で買える場合もあるので、

買い物する場所を選べば、コストを抑えて生活することも可能です。

また、外食は日本の1.5~2倍ほどします。

ショッピングモール内のレストランで、パスタを食べようとすると、2500~3300円ほどしてしまいます。

しかし、自炊をすることでコスパ良く生活することはできます。

ドバイのスーパーの価格は日本とあまり変わりません。

また、ドバイではお米を買うことができるので、お米を活用して自炊をすると快適に過ごすことができます!

【ドバイ生活情報】

ドバイでも日本のお米は買えます!

・各日本食スーパー
・Carrefour、Waitrose、Spinnyes等の日本食コーナー
・中国系スーパーWemart
・Amazon

等で購入でき、値段は5キロで80~90AED(約3,200~3,600円)程度です。 pic.twitter.com/k3Dzh6ndlZ

— ドバイ移住サポーター@Option B (@dubaiisgood) August 28, 2023

ドバイ移住のデメリット5:お酒が制限されている

ドバイの位置するアラブ首長国連邦は、お酒に制限をかけています。

国内での酒類の購入は、認可の下りたバーやレストランでの提供もしくは、リカーショップまたは免税店での販売のみにしています。

no-img2
お酒を楽しむ場所は限られていますが、それでも十分に楽しめるお店はたくさんありますよ。

また、居住者が買う場合は、リカーライセンスというものを登録する必要があります。

そのため、日本のようにコンビニやスーパーなどで手軽にお酒を買うことができません。

また、定められた場所意外での飲酒もご法度ですので、野外やパブリックな場でお酒を飲むことも認められていません。

no-img2
法律を遵守して楽しむことが大切です。野外での飲酒は避けましょう。

しかし、日本のカクヤスのように、お酒を家に運んでくれるデリバリーサービスもあるので、そういったサービスを利用してもいいかもしれません。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住までの手順

ドバイ移住までの手順

これまでに、ドバイ移住のメリットやデメリットについて解説していきました。

既にドバイ移住に興味が湧いた方もいらっしゃるかもしれません。

以下では、実際にドバイに移住をする際の流れをご説明させて頂きます。

また、YOUTUBEでもドバイ移住について解説しています。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

居住VISAを選ぶ

まず最初に、沢山ある居住VISAの中で、どの種類のものが適切なのか選びましょう。

当社では、お客様にあった最適なVISA発行のお手伝いをさせて頂きます。

取得したい居住VISAが決まりましたら、日本から必要な書類などを送って頂きます。

入国

書類などを提出して頂いたら、こちらからEVISAという仮のビザを発行します。

そのビザをもとに、ドバイに入国して頂きます。

または、手続きいらずの観光VISAで入国して頂き、

後ほど、居住VISAに切り替えて頂くことも可能です。

健康保険に入る

ドバイでの居住VISA取得には、民間の保険に入る必要があります。

※2022年8月現在、VISA発行の際に保険加入の証明は必要でなくなりました。

VISA発行後などの、ご自身の好きなタイミングで保険に加入していただくので、問題ありません。

ただ、依然、民間健康保険の加入は居住者の義務です。

民間健康保険の価格は、補償内容によって変わってきます。

最安値のものですと、5万円ほどで加入できます。

しかし、病院によく行かれる方は、等級の高い20万円ほどの保険に加入することをおすすめいたします。

ドバイの健康保険の一般的なものは、20~30万円ものが多いです。

これらの保険だと、院内完結型の保険も多く、後日自身にて医療費の変換を求める必要もありません。

居住VISAを取得する

いよいよ居住VISAの申請です。

居住VISA申請が通りますと、住宅や携帯電話の契約に

必要になるエミレーツIDという身分証が発行されます。

家を借りる・もしくは買う

ドバイで生活するための住宅を確保しましょう。

2LDKの通常のタワーマンションタイプであれば、家賃の相場は15~25万円ほどです。

分譲マンションの場合ですと、

5000万円からという感じになっています。

家賃は年間契約で、一括支払いが一般的です。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが物件選びを直接サポート

ドバイに移住できるVISAの種類

ドバイに移住できるVISAの種類

ドバイには沢山の種類のVISAが用意されています。

こちらでは、それぞれ解説していきます。

ちなみに、所得を増やすために移住するという場合であれば、法人設立VISAが最もおすすめです。

しかし、法人設立VISA以外にも、アラブ首長国連邦には魅力的なVISAが幅広く用意されています。

下記がVISA各種の要件、有効年数、配給者をまとめたものになります。

スクロールできます
VISAの種類必要条件有効年数配給者
不動産VISA75万AED以上の不動産の購入2年間不動産オーナー
配偶者
ゴールデンVISA政府指定の不動産会社から200万AED以上の不動産を購入10年間不動産オーナー
配偶者
法人設立VISA法人の設立3年間申請者
申請者の家族
従業員
リタイアメントVISA・UAE内外で15年以上働いているor退職時に55歳以上である

・100万AED以上の不動産を所有している

・100万AED以上の経済的貯蓄がある

・毎月2万AED以上の収入がある
5年間
リモートワークVISA従業員:1年以上の借用予定書、毎月5000ドル以上の収入

事業主・フリーランス:1年以上の会社所有証明、3500ドルの平均月収、過去3ヶ月の銀行取引明細書
1年間申請者
申請者の家族
社員VISAドバイ法人の従業員になる、法人にスポンサーになってもらう2年間申請者

不動産VISA

不動産VISAの有効期間は2年間であり、VISA発給の対象者は、不動産のオーナーとその配偶者に限ります。

条件は75万AED以上(約2800万円)の不動産を購入することです。

ゴールデンVISA

不動産投資では、以下二つの条件を満たすことで10年間のゴールデンVISAが取得できます。

  • 200万AED以上(約8400万円)の不動産を購入
  • 購入先の不動産会社が政府指定の会社である

2つ以上の不動産、合わせて200万AED以上であっても申請対象となります。

法人設立VISA

現在最も一般的な居住VISAになります。

なぜなら、審査が通りやすく、VISA取得までの期間が最も短いからです。

ドバイに移住されている方のほとんどが、こちらのVISAを使用されています。

法人設立の際は、以下の2つの中から法人枠を選んでいただく必要があります。

どちらも、申請者の家族、社員の分のVISAを取得することが可能です。

フリーゾーン

アラブ首長国連邦以外の国をターゲットにビジネスをされる方の法人枠

・ECサイト運営やYouTubeチャンネルを扱う方など

なお、ドバイのフリーゾーンについての詳細はこちらの記事で詳しく紹介していますので、こちらも参照してください。

メインランド

アラブ首長国連邦内の顧客をターゲットに展開する方の法人枠

・貿易や小売、飲食店など

リタイアメントVISA

55歳以上の方向けの、5年間のVISAです。

200万AED(約7100万円)相当の不動産に投資するか、

100万AED相当の貯蓄を所有している、

または月収が20,000AED以上の個人の方に適用されます。

リモートワークVISA

従業員の場合現在の雇用主(日本でも可能)からの、雇用証明書、

1年以上の雇用予定書、毎月5000$以上の給与などがある場合、取得できます。

事業主・フリーランサーの場合1年以上の会社所有証明、3500$の平均月収、

過去3ヶ月間の銀行取引明細書を提出頂ければ、取得できます。

参考:「u.ae:Residence visa for working outside the UAE

社員VISA

ドバイにある会社に社員として入社し、スポンサーとなってもらい、VISAを発行します。

スポンサーとなった企業での勤務が終了すると、VISAが無くなってしまい、

強制的に帰国になってしまいます。

ドバイ移住をおすすめできる人

ドバイ移住をおすすめする人

ドバイ移住は、どんな人に適しているのかを解説していきます。

以下に当てはまる人は、移住後の生活を楽しめる可能性が非常に高いです。

この項目に当てはまらなくてもドバイ移住に向いている可能性は大いにあります。

ドバイ移住に向いている人
  1. 節税をしたい人
  2. インターネットを通じて場所に関係なく仕事ができる人
  3. 仮想通貨に投資している人
  4. 不動産投資をしたい人
  5. ドバイでビジネスチャンスをつかみたい人

そのため「自分がドバイ移住に向いているのか気になる・現在の状況で節税ができるのか気になる」などぜひお気軽にご相談ください。

インターネットを使った仕事をしている人

インターネットなどの場所を選ばないお仕事をされている方は、

ドバイ移住は非常におすすめできます。

ドバイのインターネット回線は非常に早いです。 日本と変わらず、仕事を進められます。

下記Wi-Fiスピードテスト結果の画像は、

ドバイのETISALATと呼ばれる最大手、通信会社の高速インターネットプランのものです。

ドバイのWi-Fiの速度

更に、ドバイ市内にも、至る所にフリーWi-Fiが張り巡らされているため、

ネット環境で困ることは少ないと思います。

実際に移住されている方でも多くの方が、

インターネットを利用したお仕事をされています。

また、時差も-5時間のため、日本の時間軸で仕事をすることも不可能ではありません。

オンライン会議などにも支障が出にくいと考えられます。

所得税を多く支払っている人

記事の冒頭でも述べた通り、ドバイには所得税がありません。

法人を設立し、ドバイ移住をすることで、収入を大幅にアップできる可能性があります。

非居住者扱いになった場合(日本の国税局の扱いによって変わります)

日本の所得税を支払う義務が無くなります。

ドバイの税金については、こちらの記事でも詳しくまとめています。

以下の内容についてあくまで目安であり、参考程度にお願いいたします。各人によって状況が異なるため、担当の税理士または移住サポート会社にお問い合わせください。当社は以下の内容について一切の責任を負いません。

非居住者になるための条件

・日本に180日以上滞在していない

(日本の法律では他国のように滞在日数による、非居住者の明確な基準はないのであくまで目安です。)

・日本に生活拠点がないこと

・日本に事業拠点がないこと

・ドバイの法人で売り上げを作っている

旅行が好きな人

ドバイに居住した場合、他の国に行くことへのハードルが下がります。

なぜなら、ドバイは、世界の中継地としての役割を果たしているため、

ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど、様々な国への航空便が通っているからです。

私は、日本に居住している場合と比較して、圧倒的に別の国に行きやすいと感じました。

また、旅行が好きな人であれば、ドバイ生活の至らないところにも、

多少目がつぶれるかもしれません。

ビジネスチャンスを掴みたい人

ドバイには世界各国から様々な人が集まってきています。

しかし、現在のようにビルが建ち始めたのは、現在から20年以内での話です。

近年では、日本人の移住も増えてきているため、

日本人向けの美容院や飲食店も需要がありそうです。

その他にも、東京に比べて、街として活気があるので、

ビジネスとしてチャンスが眠っている可能性は高いです。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住に関するFAQ

ドバイ移住に関するQ&A

海外移住は、通常であれば、人生の一大イベントです。

中には、不安で仕方がないという方もいらっしゃるかも知れません。

以下では、よく聞かれる質問や、実際に私が移住した際に

疑問を持った点を紹介させていただきます。

ドバイ移住にかかる費用はどのくらいですか?

最も一般的な法人設立VISAの費用について説明させていただきます。

日本語対応の移住エージェントの平均相場で、180~250万円ほどです。また、そこから民間の保険料が追加されるという形になります。

※エージェントのプランや為替相場により価格は前後します

上記の金額は、どのVISAを選択するかによっても大きく左右します。

また、民間の健康保険も、生命保健扱いのものから、軽い怪我までサポートしてくれる、手厚いものなど、様々な種類があるため、保険料もどのプランを選ぶかによって、大幅に変わってきます。

ドバイ移住にかかる費用・生活費については、こちらでも詳しく解説しています。

ドバイ移住にかかる期間はどのくらいですか?

ドバイは、世界的にもVISAの申請が通りやすいことで有名です。

最短で1か月〜2ヶ月ほどでVISAの申請が通り、移住することができます。

ドバイ移住は難しいですか?

ドバイ移住は、他の国に比べると、難易度は低いと考えられます。

というのも、高度なインフラが整っていたり、治安が良かったり、街としても栄えているなどの理由から、非常に暮らしやすいからです。

ほとんどのものが、ドバイ内で買えますし、不便に感じる場面は、一般的な海外移住生活に比べて少ないのではないかと考えられます。

また、ドバイ移住でつまづきやすいポイントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>「ドバイ移住は難しい?実際に困りやすいポイントや対策について徹底解説!

ドバイ移住はいつ移住するのがベストタイミングでしょうか?

結論:ドバイ移住は、早ければ早いほど良いです。

なぜなら、日本で会社を持っていた場合、清算などに時間がかかってしまうからです。

また、仮想通貨投資をされている方は、トラベルルールの実装前に移住されることをおすすめします。

※現在は1億円以上の有価証券を持っている場合のみ出国税の対象となりますが、

今後トラベルルールの実装により仮想通貨の海外持ち出しが制限されることを、日本政府は表明しています。

更に、個人事業主やフリーランサーには2023年(令和5年)10月1日からインボイス制度の導入が決定されています。

これにより、今まで利益としてもらえていた消費税分も課税対象となります。

最後に、住民税についてです。

年末に近い時期の場合、その年の12月31日までに出国すれば、

その出国年の所得に係る住民税の負担を免れることができます。

せっかく移住したのに、お得感が薄れてしまうということがないように、

なるべく早め早めの意思決定を行っていきましょう。

ドバイでの生活に車は必須でしょうか?

居住エリアにもよりますが、必須ではありません。

ドバイではタクシーやデリバリーが発展していることから、移動をほとんどせずに生活することができます。

そのため、普段からあまり外出しない方は、移動する必要がある場合のみタクシー移動などもおすすめです。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

【まとめ】ドバイ移住のメリットや条件

【まとめ】ドバイ移住のメリットや条件-768x464

ドバイ移住には、所得税が免除されることを筆頭にメリットが沢山あります。

また、ドバイは、税金の安い諸外国と比べても、VISA取得が容易いことや、
生活の便利さなどの点で非常に優れていると考えられます。

初めての海外移住をされる方には、非常におすすめな国だと言えるでしょう。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次