お客様事例公開中!:【ぶっちゃけ〇〇】ドバイ移住した50代日本人経営者に聞くメリット・デメリット
       お客様事例3

お客様事例3:【メリット4000万円】20代アフィリエイト事業者がドバイ不動産を購入・移住した理由

お客様の紹介

  • 名前 Tさん
  • 年齢 27歳
  • 職業や役職 アドアフィリエイト事業の経営
  • ドバイでの活動/目的 ドバイの経済成長に身を置きたい、節税

インタビュー動画

ドバイ移住の目的と決め手

簡単にまとめると
  • 30歳までに海外移住を決めていたが、OptionBの加藤と出会い、27歳でドバイ移住を決意
  • ドバイの経済成長とスピード感がTさんの成長欲求の刺激に
  • ドバイは、個人所得税と住民税が無税、また法人税も一定の条件を満たす場合は非課税。消費税も5%と低い
  • ドバイの不動産購入でビザの取得中
  • 不動産投資もドバイで。節税で浮いた分は新たな不動産投資の資金となる
  • オンライン面談が期間限定で無料開催中、下記ボタンより申請しよう

 

<無料でドバイ不動産に関するご相談を受付中!>

弊社Logical Xでは現地の不動産会社と協力し、「投資用物件の購入・売却」のサポートをさせて頂いております。

下記ボタンから追加できる公式LINEにて受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイの不動産について相談する

対談形式のインタビュー内容

Q1. ドバイ移住を決意した背景や動機は?

no-img2
加藤:海外移住に興味を持ったきっかけについて教えてください。

Tさん:元々30歳までに、海外移住をしたいと思っていました。4年前に起業をした時、アメリカへ遊びに行ったところ、アメリカのフリーダムな感覚にカルチャーショックを受けたんです。「将来は海外に住んで、仕事をしたいな」と思うようになって、30歳までに叶えようと思っていました。ただ、アメリカは日本との時差が12時間なので、日本企業を相手に仕事をするにはちょっと不便だなと感じました。それに、英語が流暢でないと生活するにはちょっと厳しいな、とも思って。

no-img2
加藤:そんな中、ドバイ移住を決意されたきっかけがあったんですね。どのようなきっかけだったでしょうか。時期についても教えてください。

Tさん:きっかけは、知人を通して加藤さんに会った時ですね。2023年6月下旬の頃でした。加藤さんと話をして「ドバイに移住しよう」と決めたんですよ(笑)。加藤さんは20代前半の頃、ドバイに拠点を置き、法人も作られている。その事に刺激を受けましたし、加藤さんから、ドバイにいる様々な日本人の話も聞かせていただき、驚いてしまって。「自分より若い世代の日本人が、海外にこんなにいるんだ」って思ったんです。それで「私も一緒に成長していきたい」という思いに駆られました。「30代までに海外へ行きたい」とは思っていましたが、「今すぐ行こう」と決めましたね。私のように成長欲求のある人は、ドバイ移住に向いていると思います。

no-img2
加藤:ドバイ移住について、悩みや不安はありましたか?

Tさん:英語と時差が課題でしたね。私の英語力がネイティブレベルではないので。しかし、ドバイは9割が移民で、ネイティブな人はあまりいません。実際、単語を話せるだけでも生活できると感じました。また、日本との時差も5時間ぐらいなので、日本企業を相手に仕事をしても支障がないと判断しました。

 

<無料でドバイ不動産に関するご相談を受付中!>

弊社Logical Xでは現地の不動産会社と協力し、「投資用物件の購入・売却」のサポートをさせて頂いております。

下記ボタンから追加できる公式LINEにて受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイの不動産について相談する

 

Q2. 移住サポートを利用することになった経緯や理由は?

no-img2
加藤:今回、OptionBでは、Tさんのドバイ不動産の購入と移住のサポートをさせていただきました。現在、Tさんはビザを申請中ということですね(2023年9月現在)。

Tさん:はい、加藤さんに初めてお会いした3日後にドバイの不動産を加藤さんから紹介してもらい、即座に内見をして購入しました。

no-img2
加藤:すごくスピーディーでしたよね。その時、弊社が紹介させていただいた物件が、ビザ付きでかつ会社のライセンス付きの優良物件でした。現在、Tさんは不動産を購入されたことで、法人設立もされている最中です。

Tさん:加藤さんに会ったのが、6月ですから激動の3ヶ月でしたね。3ヶ月前には海外移住するとは、正直思ってなかった。しかし、不動産を見に行って「ここが人生を左右する大事な岐路なんだ」と思いました。そういう時に決断できるかどうかが、大事だと思います。

no-img2
加藤:海外移住は、起業と似ていますね。先が分からないなかで、「とりあえず、やってみるか」と決めてみる。でもその先には、想像もしなかった良いことが待っていたりして。私もTさんから、色々刺激になることが多く、ありがたいと思っています!

 

<無料でドバイ不動産に関するご相談を受付中!>

弊社Logical Xでは現地の不動産会社と協力し、「投資用物件の購入・売却」のサポートをさせて頂いております。

下記ボタンから追加できる公式LINEにて受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイの不動産について相談する

 

Q3. 移住サポートを利用しての良かった点、困った点は?

no-img2
加藤:OptionBを利用されて良かった点について教えてください。

Tさん:加藤さんの、対応の早さには感動しました。いつも、即レスですから(笑)自分たちもクライアントワークをしているので、クライアントファーストは、すごく大事なことだと思います。加藤さんが、常にお客さんの目線に立ち、色々考えてくれる、というのがいつも伝わりました。非常に助かりました。

no-img2
加藤:ありがとうございます。私に限らずOptionBのサポーターは、原則2時間以内に返信をさせていただくようにしています。特に、優先順位が高いご質問だったり、対応しなきゃいけないことについては、社の方針として、徹底しております。

Tさん:本当に、いつも助かっています。

no-img2
加藤:ドバイ移住をされて、税制面はいかがでしたでしょうか?

Tさん:日本と違って、ドバイは個人所得税と住民税が無税、また法人税も一定の条件を満たす場合には非課税となります。さらに消費税も5%と低い。ドバイ移住のメリットを感じています。

no-img2
加藤:Tさんは、元々日本で不動産投資を考えられていたんですよね?

Tさん:ドバイに来る以前は、キャッシュで1億円を貯めて不動産投資を始める予定でした。ただ、日本では所得税に加え、住民税も高く、私の会社では1億円のキャッシュを貯めるまでに1年もかかってしまう。しかし、ドバイでは税制が非常に優遇されているので、税金が浮いた分、もう1件物件を購入することができます。

no-img2
加藤:Tさんはドバイ移住をしてから、日本での不動産投資でなく、ドバイで不動産投資を始められました。2022年のGDP成長率を比べても、日本が1.2%のところ、ドバイは7.6%。税制面においても、不動産投資においても、日本よりドバイの方がはるかにメリットを感じられると思います。ドバイに住んでから、ドバイに対する印象は変わりましたか?

Tさん:ドバイの経済成長に圧倒されます。半年前までなかった公園が凄いスピードで3ヶ月後には建設されている。常にいたるところで、ビルが建設されていて、私自身、ドバイからパワーをもらいますね。

no-img2
加藤:生活面はどうでしょうか?

Tさん:日本にいても、いつもひきこもっていましたからね。家でパソコン作業をして、毎日ご飯食べてジムに行ってプールへ入る、そんな生活でした。ドバイにいても全然変わらないので最高だな、と思っています(笑)。ひとつ変わったこととしては、気乗りしない飲み会が減ったことですね。人間関係を選択できるのが良い。その分、自分のやりたいことに集中できるので、嬉しいです。暑いのが苦手でしたが、基本的に家から出ない生活ですし、物価もそこまで高くない。食事も美味しいし、何も問題がありません。

no-img2
加藤:日本と同じことをするなら、税制が優遇されているドバイの方が良いということですね。ドバイはまだ日本人が少ないので、若い時は仕事に集中したい、という方にはどバイ移住はとても向いていると思います。暑さに関してですが、ドバイの建物は、外に出なくても済むような設計になっているので、常に暑さを感じるような環境ではありません。ドバイ移住をして、実際どれくらい税金を浮かせることができましたか?

Tさん:営業利益、5千万から1億となる予定なので、大体4千万単位浮かせることができました。それが丸々手元に、キャッシュで残ります。

no-img2
加藤:というと、1〜2人分の年収ぐらい浮かせられたということですね。ドバイ移住をするだけで、ここまで大きなメリットを得られたんですね。

 

no-img2
弊社では、私を含むドバイに詳しい現地エージェントが直接対応させて頂きます。
不動産に関しても現地の不動産会社とともに物件の購入・売却までサポートさせて頂きますので、ご興味ある方はぜひ下記ボタンから追加できる公式LINEにてお問い合わせください。

<無料でドバイ不動産に関するご相談を受付中!>

弊社Logical Xでは現地の不動産会社と協力し、「投資用物件の購入・売却」のサポートをさせて頂いております。

下記ボタンから追加できる公式LINEにて受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイの不動産について相談する

 

最終Q. ドバイ移住を検討している他の方へのアドバイスやメッセージは?

no-img2
加藤:どのような方に、ドバイ移住をオススメできますか?
no-img2

Tさん:若い方には、特にオススメですね。また、オンライン完結型の事業をされている方、私のように人生に刺激が欲しい方です。とにかく若い方にオススメしたい。経験にもなるし、レベレッジが効くし、色々な方と関われる。ドバイにいる日本人の方は、面白くて優秀な方が多い。そういう方々と話をしていると、自分の人生にも花が咲いて、すごく楽しい人生になるだろうな、と感じます。

no-img2
加藤:私もTさんのように若い方のドバイ移住が増えると、嬉しいなと思っております。ドバイ移住のサポートを受けてみようか、ドバイ移住自体に迷われている方にメッセージをお願いいたします。
no-img2

Tさん:「とりあえず、ドバイに来い!」ということですね(笑)。来たら、すぐにドバイの魅力が分かると思います。ドバイ移住を検討する際、他のサポーターの業者さんも色々見ると思いますが、調べれば調べるほど、どれも怪しく見えてくるでしょう(笑)。私は、実際加藤さんにお会いして、インスピレーションを感じました。その後の対応も含めて、「この人に任せよう」と決めた。このブログ記事を読んだり、YouTube動画を見て、加藤さんの人間性を知れば、加藤さんに頼みたくなると思います。ぜひ、ブログと動画をたくさん見てください!

no-img2
加藤:ありがとうございます!!

まとめ

「OptionB」では、今回インタビューさせていただいたTさんのように、節税目的のためのドバイ移住、もしくはドバイ不動産の購入サポートもさせていただいております。

気になる方はまずは一度概要欄から弊社の公式LINEの方からご登録いただいて、私を含む移住サポーターから諸々お話しさせていただけたら幸いです!

公式LINEでは、ドバイ移住についての発信やドバイ移住へのご相談、法人の設立やビザの取得などのお手伝いもさせていただいております。ご登録、メッセージをお待ちしております!

LINE登録者限定で、通常15,000円の30分間ドバイ移住面談を 無料実施中! 

 

<無料でドバイ不動産に関するご相談を受付中!>

弊社Logical Xでは現地の不動産会社と協力し、「投資用物件の購入・売却」のサポートをさせて頂いております。

下記ボタンから追加できる公式LINEにて受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイの不動産について相談する