ドバイ移住は家族連れでも問題ない理由を経験者の声から徹底解説

アバター画像

・ドバイ法人Logical XのCOO
・法人設立/海外移住サポートを提供中
・東京大学在学中にインフルエンサービジネス会社を創業。2022年に同社を売却、その後ドバイに移住しLogicalX FZCOに参画

東大在学時に18歳でインフルエンサービジネス会社を創業。その後2022年に同社をは東証プライム上場企業に売却。

その後ドバイに移住し、2社目のLogical Xを共同創業し、COOとして事業運営に当たる。

https://logicalx.co/

1社目に引き続き、YouTubeマーケティングに特に強みを持ち、YouTubeメディアを起点として

・ドバイ移住/法人設立/不動産売買仲介事業
・英語圏向けSEO/YouTube 不動産メディア事業
・YouTube受託事業

などを展開。

「家族でドバイ移住しても大丈夫?」

「子どもの教育環境が気になる」

このように悩んでいませんか?

ドバイに移住したいけれど、子連れでも問題なく暮らせる環境なのか不安ですよね。

日本と変わらない生活ができるのか、家や仕事、学校はどうなのか心配な方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ドバイ移住が子連れでも問題ない理由や生活環境について徹底解説していきます。

ドバイ移住の魅力や注意点についても触れているので、ぜひ参考にしてください。

 

<無料で移住相談を受付中!>

弊社Logical Xではドバイ移住で必要になってくる「VISAの取得」や「居住用・投資用の物件探し」など様々なサポートをさせて頂いております。

下記ボタンから追加できる公式LINEにて受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住について相談する

目次

ドバイ移住は子連れでも問題ない理由

ドバイ移住が子連れでも問題ないといわれる理由には、下記のようなものがあります。

  • 治安が良くて親切
  • インフラが整っており日本と変わらない生活ができる
  • 教育体制が充実している

それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

治安が良くて親切

ドバイはスリや置き引きといった犯罪が、非常に少ないのが特徴です。

海外では珍しく、落とした財布が戻ってくるほど治安も良くて親切な街といわれています。

治安がいい理由としては、下記があげられます。

  • 防犯カメラが多い
  • ホームレスや物乞いが法律で禁止させている
  • 荒れた町がない
  • 人口の9割は外国人労働者で、仕事をするために移住している

街や法律が整備されており、秩序が保たれているのが大きな理由でしょう。

ドバイには歓楽街のような荒れた街もなく、日本と同様に飲食店で荷物を置いたまま席を外すこともできるほど安全です。

また、ドバイには仕事をするために移住している外国人労働者が多いため、強制退去になるような罪を犯すことはしません。

ドバイ在住の日本人からも「日本より治安がいいのでは」といわれるほど、女性や子どもも安心して移住できる街です。

no-img2
ドバイは治安が非常に良く、安心して生活できる環境です。外国人労働者が多いこともあり、犯罪率は比較的低いですね。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住について相談する

インフラが整っており日本と変わらない生活ができる

ドバイは近年急激に発展してきた都市で、生活を支えるネットワークや水道、公共交通機関などのインフラが先進国並みに整備されており、日本と変わらない生活ができます。

ネット環境は申し分なく、ホテルやカフェ、病院といった公共の場にも無料のWi-Fiがあるほど整っています。

近年になって発展したこともあり、日本よりも新しい建物が多く、新しいシステムを積極的に取り入れるなど、デジタル化に関しても最先端です。

海外ではめずらしく、ドバイは水道水が飲める国でもあります。

住居のパイプやタンクが汚れている場合もあるため積極的に飲むものではありませんが、断水の心配もなく日常生活で水に困ることはありません。

また、電車をはじめとする公共交通機関も充実しており、運賃が安いため気軽に利用できます。

no-img2
ドバイの発展は本当に目覚ましいものですね。ここ数年でインフラ整備が進み、生活に必要な基盤が整ってきました。公共の場所でも無料のWi-Fiが提供されているため、常にインターネットにアクセスできます。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住について相談する

教育体制が充実している

ドバイは政府自体が教育に力を入れており、質の高いインターナショナルスクールが多く、教育体制が充実しています。

人口の9割が外国人であるため、スクールによって出身国のバランスや、イギリス系・アメリカ系・インド系などカリキュラムの内容も異なります。

国の機関であるKHDA(人材開発庁)では、毎年それぞれの学校を評価・ランク分けしているため、移住者でもわかりやすく学校選びできるのがポイントです。

英語が流暢ではない子どもの受け入れをおこなうスクールもあり、入学後のサポートも充実しています。

現在、教育を目的として移住を行なったお客様のインタビューを公開しています!

ぜひ参考にしてください!

あわせて読みたい
お客様事例3:【メリット4000万円】20代アフィリエイト事業者がドバイ不動産を購入・移住した理由 【お客様の紹介】 名前 Tさん 年齢 27歳 職業や役職 アドアフィリエイト事業の経営 ドバイでの活動/目的 ドバイの経済成長に身を置きたい、節税 【インタビュー動画...

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住について相談する

ドバイに子連れで移住する際の住宅・仕事・学校はどうなる?

ドバイに家族で移住するにあたって、住宅の家賃相場、仕事の見つけ方、子どもの学校の選び方など気になることは多いですよね。

そこで、ドバイ移住する際の住宅・仕事・学校事情について、それぞれ詳しくみていきましょう。

住宅について

ドバイの住宅は、日本と比較して家賃が高い傾向にあります。

不動産価格や家賃相場は地域や物件タイプによって異なりますが、一般的なワンルームほどのアパートメントでも1ヶ月で約15万円かかります。

日本人が多く住むエリアにある家族向け物件となると、2ベッドルームタイプで年間300万円が平均相場です。

高級住宅街ともなれば、1ヶ月の賃料が50万円以上になることも。

ドバイでは家賃を月払いする文化がなく、1年分をまとめて支払うのが一般的です。

家賃のほかにセキュリティデポジットや仲介費も発生するため、余裕を持って資金を準備する必要があります。

また、ドバイは1年の半分以上が気温40度以上の砂漠気候なので、移動は車かタクシー、公共交通機関を利用するため住む場所選びも重要です。

日本人に人気のエリアなら、メトロなど交通機関のアクセスもいいドバイ・マリーナやジュメイラ・レイクタワーズがおすすめ。

車を所有する予定なら、観光地としても有名な世界最大の人工島「パーム・ジュメイラ」が人気です。

仕事について

ドバイに家族で移住して生活するなら、働き方は「駐在員」と「現地採用」の大きく分けて2つです。

ドバイに支店や現地法人がある日本の企業拠点総数は2021年時点で297あり、ドバイで働く日本人の多くが、駐在員として日本の企業からドバイ支社に派遣されています。
海外進出日系企業拠点数調査|外務省

駐在員以外にも、今までの経験を活かして現地採用で仕事を探すことも可能です。

日本人が働いている職種には、下記のようなものがあります。

  • 日本料理人(寿司職人など)
  • ホテルやレストランの接客
  • エンジニア
  • 営業

日本人向けの求人で多いのが、寿司職人など日本料理のシェフです。日本食は世界的なブームでもあり、高級志向のドバイ現地人にも人気が高いため需要も増えています。

日本からの観光客が増えていることで、ホテルやレストランの接客も増加傾向です。

ドバイは国をあげてIT技術向上に取り組んでいるため、エンジニア関連の求人も増えており、技術があれば就職できる可能性も。

外資系企業が日本人顧客を開拓するために、日本人営業を採用するケースもあります。

学校について

ドバイに移住して子どもに教育を受けさせる方法としては、下記の選択肢があります。

  • 現地校
  • インターナショナルスクール
  • 日本人学校

現地の子どもが通う公立の現地校は、オイルマネーの恩恵もあり、幼稚園から大学まですべて無償で教育が受けられます。

しかし、公立学校はアラビア語で主要科目を学ぶため、アラビア語を第一言語としていない移住者にはハードルが高いといえるでしょう。

ドバイは人口の9割が外国人であることから、私立のインターナショナルスクールが多く、イギリス式・アメリカ式・インド式などさまざまなカリキュラムの学校があります。

日本の教育カリキュラムで授業が行われる日本人学校も、インターナショナルスクールの一つです。

ドバイでは小学校の段階から専門分野に特化したカリキュラムが組まれている学校もあるため、教育における選択肢の幅が日本と比べて非常に多いのも特徴といえます。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住について相談する

ドバイならではの魅力

移住先としても近年注目を集めているドバイには、さまざまな魅力があります。

  • 税金が安い・無税で収入が手元に残る
  • 多国籍社会のため差別がない
  • 天候が安定している

税の優遇があることで子育てに使えるお金が確保しやすかったり、移住者が多いことで差別がなかったりと、子育てにもよい環境といえます。

また、雨も少なく天候が安定している点も魅力の一つです。

それぞれの魅力について、詳しくみていきましょう。

税金が安い・無税で収入が手元に残る

原則、ドバイでは所得税などの各種税金がかかりません。

2018年から品物やサービスにかかる付加価値税(消費税)が導入されましたが、税率5%と日本に比べて安いのが特徴です。

所得が非課税なので日本と同じくらいの給与額だったとしても、税金で引かれることがなく手取り収入は増えます。

消費に対する税金も安いため年収が同じでも手元に残るお金が多いのも、魅力の一つといえるでしょう。

ただし、2023年からドバイでも法人税が導入されることになり、法人所得事業者には9%が課税されるため法人を作ろうと考えている場合には注意が必要です。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住について相談する

多国籍社会のため差別がない

ドバイを含むアラブ首長国連邦には200を超える国籍の人々が生活しており、お互いを尊重しあっているため、人種による差別はありません。

アメリカやヨーロッパ、アジア、南米など地球上のあらゆる地域から人が集まり、多様な文化や価値観を有しているためさまざまな文化が学べます。

コミュニケーションは英語が基本なので、英語さえマスターすればドバイにいながら世界の人々と交流が可能です。

子どもがグローバルな思考をもって、新しい時代に適応できるようになるには最適な環境といえるでしょう。

天候が安定している

ドバイは1年を通して温暖で雨もほとんど降らないため、天気予報を気にする心配がありません。

1年の平均気温も25℃から35℃と安定していて、雨が多いといわれる2月でも降水量は日本の3分の1程度です。

温暖な気候ですが、夏場でも室内はクーラーが効いており、宗教的にも肌の露出をさけたほうがいいため、通年で長袖・長ズボンがちょうどいい服装といえます。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住について相談する

ドバイ移住での注意点

家族でドバイ移住するにあたって、知っておきたい注意点をまとめました。

  • 砂漠地帯特有の気候
  • 日本と比べて交通安全に配慮が必要
  • イスラム教への配慮が必要

それぞれの注意点について、詳しくみていきましょう。

砂漠地帯特有の気候

ドバイは砂漠を切り開いて作った街なので、砂漠地帯特有の気候に注意が必要です。

  • 風の強い日は砂が舞う
  • 夏季は気温が50度近くなる

車で30分ほど走ると砂漠が広がっているため、風の強い日には砂が舞って視界が悪くなったり、洗濯物が砂まみれになったり、空気が悪いと感じることもあります。

夏季は最高気温が50度近くになるため、日中の徒歩での外出には注意が必要です。

ドバイの街自体も徒歩を想定した街づくりはされておらず、屋内で完結できるようになっているため、現地の生活環境にあわせましょう。

日本と比べて交通安全に配慮が必要

ドバイはマナーの悪いドライバーが多いだけではなく、海外からの移住者が自国の交通ルールを持ち込んで独自の運転をしているため、交通事情がよくないといわれています。

道幅が広く車のスピードが早いことや、歩道が整備されていないことも理由でしょう。

信号が青になった瞬間にクラクションを鳴らされるなど、せっかちな運転手が多いのも特徴です。タクシードライバーも荒い人が多いため、乗車の際にはシートベルトを忘れずに。

歩道も安全とは限らないので、交通安全に最大限配慮して、自分の身は自分で守ることを心がけましょう。

イスラム教への配慮が必要

ドバイはイスラム教の国であるためさまざまなルールが存在しており、外国人であっても配慮が必要です。

  • ラマダン期間中の日中飲食禁止
  • 豚肉禁止
  • 飲酒禁止

イスラム教には日の出前から日没まで飲食をせず善行や宗教的実践に励む、ラマダンという期間があります。

異教徒はラマダンに参加したり豚肉禁止にしたりする必要はありませんが、公共の場所での飲食には配慮が必要です。また、ドバイ国内でお酒を提供している場所も限られています。

日本とは異なる文化があることを知ったうえで、イスラム教への配慮を忘れずに行動することが必要です。

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住について相談する

まとめ

今回は、ドバイに家族で移住する際の住宅・仕事・学校などの生活環境について解説しました。

ドバイは治安も良くインフラも整っているため、家族で移住しやすい街といえるでしょう。

家族連れの移住で気になるのが子どもの教育ですが、インターナショナルスクールなど教育面での選択肢は日本よりも豊富です。

新しい時代に適応できるようなグローバルな思考を育むには、最適の環境ではないでしょうか。

ドバイならではの魅力を知って、家族で移住を検討してみてはいかがでしょうか。

 

<無料で移住相談を受付中!>

弊社Logical Xではドバイ移住で必要になってくる「VISAの取得」や「居住用・投資用の物件探し」など様々なサポートをさせて頂いております。

下記ボタンから追加できる公式LINEにて受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 

\期間限定、公式LINE追加で無料面談開催中!/

現地エージェントが直接対応!

ドバイ移住について相談する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・ドバイ法人Logical XのCOO
・法人設立/海外移住サポートを提供中
・東京大学在学中にインフルエンサービジネス会社を創業。2022年に同社を売却、その後ドバイに移住しLogicalX FZCOに参画

東大在学時に18歳でインフルエンサービジネス会社を創業。その後2022年に同社をは東証プライム上場企業に売却。

その後ドバイに移住し、2社目のLogical Xを共同創業し、COOとして事業運営に当たる。

https://logicalx.co/

1社目に引き続き、YouTubeマーケティングに特に強みを持ち、YouTubeメディアを起点として

・ドバイ移住/法人設立/不動産売買仲介事業
・英語圏向けSEO/YouTube 不動産メディア事業
・YouTube受託事業

などを展開。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次